資産5倍保証?副業にも最適なJENCO(ジェンコ)の可能性に迫る!

いよいよ運用が開始されるJENCO(ジェンコ)

まだその詳細について知らないという人もいるかもしれませんが、はっきり言ってそれは人生損してます。

既に抜群の安定性と非常に優れた高利により高い評価を得ているJUBILEE ACE(ジュビリーエース)。

そのJUBILEE ACEの市場規模を遥かに上回る“500兆円もの市場規模”で展開されるJENCO(ジェンコ)とは一体どういうものなのか、これからの時代の新たなる資産運用の形として間違いなくスタンダードになり得るJENCO。

これはまさに今だからこそ取り組み始めるべき資産運用方法なのです。

資産を5倍にまで増やす事が出来るというそんなJENCOの可能性に迫っていきたいと思います。

jencoを始める

JENCO(ジェンコ)とは

JENCO(ジェンコ)とは

JENCOはJUBILEE ENERGY & COMMODITIESと表記し、その頭文字をとって略称を「JEC」「JENCO」などと呼びます。

これは今まで資産3倍保証として運用されていたJUBILEE ACE(ジュビリーエース)が出資限度額を迎える為に、その運用益を利用して新たな第2ステージとして更なる規模の拡大として、これまでジュビリーエースでは数兆円だった市場規模から500兆円ともなる市場規模にステージを移し、事業を展開していく事となりました。

基本となるシステムはこれまでのジュビリーエースとあまり変わらないものであり、既にそのシステムに確かな定評のあるジュビリーエースの基本システムをそのままに、更なるAI機能の充実や、市場規模の拡大によってさらなる利益を目指していく事が出来るようになるのがJENCOの大きな特徴となります。

JUBILEE ACEを始める

怪しいなどと悪評もあるJENCOとジュビリーエースは安全なのか

そもそもジュビリーエースについての内容を知らないという人もいるかもしれません。

簡単に説明をさせて頂くとジュビリーエースではAUQAシステムを利用して

【暗号通貨】

【スポーツ】

【コモディティ】

といった分野でのアービトラージを行い、市場のゆがみから生じる利益を出資者に分配するというもの。

さらには出資額の3倍は保証するというものであり、最低運用資金の10万円(正確には1000ドル)で始めたとしても必ず3倍の30万円(3000ドル)は利益を上げる事を保証しているというようなものです。

また、通常運用をしている限りでは元金の回収に約1年の期間を必要とするものの、紹介制度を利用する事によってさらなる利益の拡充を図る事が出来るようになるというものでした。

こうした紹介制度や高利によって「ハイプ案件」だとか「ポンジスキーム」などといった詐欺案件と疑われたりもしているようですが、実際には支払の滞りなども一切なく、紹介制度も決して強制されるものではなく、紹介制度を利用しなくても十分に高い利益率で利益を上げる事ができ、3倍保証が約束されているので決して詐欺という事はありません。

JENCOの最低出資額は?利用料金は必要?

JENCOの最低出資額は10,000ドルとなっています。

これは決して安い金額とは言えないかもしれませんが、ちゃんとした運用方法をとる事でその100万円の資金は何もせずに500万円まで膨らませる事が出来ます。

もちろん利益も出資にまわす事が出来るのでさらなる利益を上げる事ももちろん可能です。

ジュビリーエースの時点で絶対に損失の出ないようなAQUAシステムを利用していた為、損をする事もなく資産を増やす事が出来ます。

出金の為に手数料などは必要となりますが、利用する為に登録料金などを支払う必要はありません。

jencoを始める

JENCOのシステムについて

JENCOのシステムも明らかになってきているのでここでJENCOのシステムについてもう少し掘り下げていきたいと思います。

JENCOは非中央集権型金融の人口を増やす事により、非中央集権が金融の特性を活かして、商品市場からの利益を制限なく、暗号資産投資家へ提供する事業として展開されていきます。

非中央集権型金融というものがどういう事なのかというと、従来の金融システムというのは銀行のような仲介者の役割を果たしてくれる機関に依存しているシステムとなっており、母体企業の破綻による消失のデメリットを排除した金融システムとなります。

それが非中央集権型の金融システムであれば常に資産を自身で管理する事が出来るようになっており、誰でも簡単に利用を開始する事が出来る金融サービスとなります。

JENCOのアービトラージ

ジュビリーエースでは暗号通貨、スポーツ、コモディティといった分野でのアービトラージでキャンペーンを行い利益をもたらしていました。

JENCOでも基本的なシステムとしては大きな変動はありませんが、取り扱う分野が、コモディティ、株、FXといった分野と進化し、これまで数兆円規模の市場での事業展開を行っていたものが、500兆円もの市場規模で事業が展開されるようになります。

この圧倒的な市場規模の拡大により、事業への参加者により安定した高い高利を配分する事が出来るようになっているというのがまずJENCOの最大の特徴と言えるでしょう。

既にジュビリーエースからの移行も始まっていますが、これから新規参入するという人でもこのアービトラージによる配当を受け取る事が出来るようになるので、新たな資産運用の取り組みとして大きな効果を発揮する事になります。

アービトラージの報酬は?

JENCOのアービトラージによってどれくらいの報酬を得る事が出来るようになる事が出来るようになるか、という事に関してはまず、以下のJENCOサブスクリプションの画像を見てみて下さい。

画像①

こちらを見て頂いてわかるように、JENCOでの最低出資金額はベーシックサブスクリプションの10,000ドルとなります。

その上に表示されるトライアルというスターターパックでは3,000ドルからの開始が可能となっていますが、こちらはあくまでもスターターパックとしての運用となり、90日間のみの利用となり、その期間中にベーシックコースにトップアップする必要があります。

なので、実質JENCOを運用していく為の最低出資金は10,000ドルとなります。

そこで例えばこの最低出資金の10,000ドルでJENCOを始めた場合に得られるアービトラージ報酬はいくらになるのか計算してみたいと思います。

JENCOサブスクリプションのこの表を見てみれば予想アービトラージ利益は3%~11%となっています。

なので、最低でも300ドル、多く見て1,100ドルがアービトラージ利益となるという事ですね。

予想アービトラージは利益は毎週月曜日に支払われますと確認出来るので、最低でも月に1,200ドル、場合によっては4,400ドルがアービトラージ報酬として受け取る事が出来るようになるという事です。

これを平均すれば月に2,800ドルですね。出資金は10,000ドルですから、4か月もしない間に出資金の分の利益を上げる事も出来るという事です。

これを利用してどんどんトップアップしていけば、プレステージの予想アービトラージは8%~20%です。

3,000,000ドルの20%と考えれば1,200,000ドルです。

もちろんここまでトップアップを重ねるというのは簡単な事ではないかもしれませんが、JENCOの運用は基本のアービトラージだけを見てもこれだけの夢が詰まっていると言っても良いのではないでしょうか。

資産運用としての価値

銀行に定期預金をして得られる金利が年利何パーセントかという事はご存知ですか?

大手銀行の定期預金の年利は0.002%ほどです。つまりほぼ全く利息のないものとなります。

もちろん銀行が潰れない限りにはマイナスになるという事はありませんので、リスクが無いと考える方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

銀行が潰れるリスク?

いえ、そうではありません。

“物価の上昇”というリスクがあります。

つまり、世の中の物価が上昇すればただ預けているだけの預金はそのお金の価値がマイナスになるという事です。

という事は今持っている資産をリスクなく守るという方法は無いのかと思うかもしれません。

しかし、JENCOのように、AIによる自動取引を行う金融サービスを上手に利用する事で安全に確実に資産を増やす事が出来るようになります。

これからの時代の最もリスクが低い資産運用方法はこうしたJENCOのような金融サービスを利用する事なのではないでしょうか。

さらに言えばこれはあくまでもJENCOの基本的なシステムでしかありません。

JENCOは取り組み方次第では資産をまだまだ倍増させる事が出来るような報酬を得る方法があるわけです。

それを差し引いてでもJENCOは資産運用として大きな価値のあるものであるという事がわかると思います。

利益保証について

ジュビリーエースではジュビリークレジット(出資額)の3倍まで資金を増やす事が保証されていました。

ではJENCOはどうなのかと言うと、先ほどの画像の「報酬上限」というものを確認して頂きたいと思います。

10,000ドルスタートでのベーシックコースにおける報酬上限は5倍までが保証されています。

さらにこの保証に関しては、トップアップしていけばその保証が最大で8倍まで保証される事となっています。

ベーシックコースのサブスクリプションでも50,000ドルまでが保証されていて、プレステージの3,000,000ドルともなればその8倍、24,000,000ドルまでが保証されるという事です。

25億円以上の金額が保証されるという事になります。

もちろんそこまで到達するのはなかなか難しいかもしれませんが、トップアップしてJENCOクレジットを上乗せしていく事で半永久的に資産を増やし続ける事が出来るという事ですね。

しかし、なぜこんなに保証されるのかという事も気になりますよね?

そんなに保証して会社が潰れるのではないかと思うかもしれません。もちろんそんな心配はする必要がありません。

なぜJENCOがこれだけの保証が出来るのかと言うと、

そもそものアービトラージによる収益はJENCOが抱えています。

その収益の中から各サブスクリプションにおけるパーセンテージに応じた報酬が投資者に分配されるという形となっています。

その利益としては正直投資者が得られる報酬の比ではない程です。

その利益報酬なの中から後に詳しく解説をさせて頂く直接スポンサーボーナスなどの報酬や各サブスクリプションに応じた報酬を分配する事になっているので、JENCO自体は利益の保証をしてもさらにありあまる収益を生み出しているという事なのでしょう。

つまりJENCO自体が破綻するという事も考えずらいことであると言えます。

だからこそ、安心して、安定しした報酬を受け取り続ける事が出来るという事なんですね。

それでも敷居は高い?

JENCOへの最低出資金は10,000ドル。

やはりそう聞くとその敷居は非常に高いものだと感じますよね?

この事に関してはこれまでのジュビリーエースの事業展開による影響も大きいのではないかと思います。

ジュビリーエースには詐欺案件という事を示唆するような「ハイプ案件だ」とか「ポンジスキームだ」というようなネットへの書き込みが散見される事となってしまいました。

しかし、その点に関しては既にまず私自身が結果として収益を得ている事はもちろんですが、セミナーなどによって取り引きの様子をライブで公開していたり、ISO9001の国際規格の取得をしていたり、事業がこうして拡大しているという事からもそのような詐欺案件ではないという事実は確認が出来ています。

つまりは、JENCOでは出資もせずにどういう事業かもわからないのにネットへの書き込みを行うようなアンチの存在や、少額だけを投資して細かい部分を突っついて批判してくるような人をふるいに落とし、真剣に出資に取り組む人を募ろうとしている事なのだと思います。

だからこそJENCOに参加するという事は、より健全な形で出資する事が出来るようになるという事なのではないかと思うのです。

敷居が高くなった事は、一見敬遠してしまうような事かもしれませんが、本気で出資し資産運用を考えているのであれば、これまでのジュビリーエース以上に健全な形で、より安全で安心な資産運用への取り組みが出来るようになるはずです。

こうした理由からも、資産運用を考えるのであればJENCOこそ利用するべき金融サービスなのではないかと思います。

jencoを始める

ネットワークビジネス(MLM)としての取り組み

ネットワークビジネス(MLM)としての取り組み

ネットワークビジネス(MLM)と聞いてしまうとあまりいい印象はないかもしれません。

しかし、ねずみ講などと違って決して違法行為というわけではありませんし、JENCOが用いる紹介制度というのはあくまでも利益を効率よく上げていく為に利用するものであって、誰も紹介出来なかったとしても利益を上げる事が出来ないなんていう事はありません。

まずその点で勘違いはしないようにしてもらいたいという事と、この紹介制度を利用すれば半年も経たないうちに出資額は倍増していきます。

紹介制度利用して収入を上げる

実際に紹介制度を利用してどれくらいの収益を生み出せるかというと、例えばまず、100万円で出資してスタートして、誰も紹介出来なくても月収8万円は約束されています。

また、紹介を二人出したとすれば、その紹介者が100万円ずつ出資した場合にはジュビリーエースの規定で8%の紹介料を受け取る事が出来ます。

さらにバイナリーボーナスも付与され、たった一か月でも月収32万円を得る事が出来るのです。

つまり順当にいけば2人ずつ紹介していく事で、3か月もあれば元金の回収も可能です。

さらには利益分も出資額にまわせば5倍保証される金額も膨れ上がります。

JENCOが詐欺ではない根拠

こうしたシステムを利用する場合にどうしてもつきまとうのは詐欺の不安という所だと思いますが、まずこうした流れにはまったく違法性はありません。

すでにジュビリーエースの時点でも国際規格であるISO9001を取得していますし、運営会社によって会社の計画も既に公表されています。

もちろん利益率なんかを見てもちゅんとJENCOが運用資金を確保した上で出資者に利益を分配を行っているので、会社の売り上げが悪くて飛ぶような事もありません。

JENCOは詐欺ではなく、安心して利用出来るサービスであるという事がわかって頂けると思います。

JENCOでのボーナス報酬について

JENCOでは紹介制度を用いているという事はお伝えさせて頂きましたが、では、それによって具体的にどれほどの報酬を得る事が出来るのかという事に関しても具体的に掘り下げていければと思います。

ただし、これらの記事を読んでしまって無理にでも誰かを紹介したいというのはご法度です。

もちろんJENCOには大きな可能性があり、資産運用として非常に大きな効果を発揮するものとなっています。

でもあなた自身が逆の立場で、興味のない事を熱心に話してきて、それに巻き込まれたとしたらあまり良い気はしませんよね?

JENCOを紹介する際に資産運用の重要性などを説く事を止めるような事はもちろんしませんが、しかし、やはりどうしても興味を抱けないような人を無理にさそう事はJENCOの出資者としてのモラルに反するのではないかと思います。

興味をもてないという人は、そのままもったいないなという気持ちでそっと見守り、

JENCOの話に少し興味がある、というような事を感じた人がいれば、深くこの有用性を説明してあげればよいのではないかと思います。

紹介制度を利用した報酬に関しては非常に魅力的なものが多いです。

しかし、それを利用せずとも、十分にJENCOのアービトラージ報酬だけでも資産運用としての価値は十分ですので、紹介ボーナスが欲しいからと言って執拗な勧誘行為を行うという事はしないようにしましょう。

そういったJENCOのモラルを守る行為も、末永く利益を得続ける為に必要な事だと思っています。

JENCOの報酬プラン

JENCOの報酬プランには大きく分けて2つのボーナスが存在しています。

「直接スポンサーボーナス」

「バイナリーボーナス」

以上の2つの報酬プランがあり、それぞれにはコンプレッションが働きます。

まずは以下の画像を確認してみて下さい。

画像②

こちらが、JENCOの報酬プランに関するパーセンテージになっています。

では具体的にこれによってどのくらいの報酬が得られるのかという事を説明させて頂きます。

直接スポンサーボーナス

まずは直接スポンサーボーナスですが、この直接スポンサーボーナスというのは読んで字のごとくですね。

自分が直接紹介者を出す事で発生するボーナス報酬となっています。

そして、この紹介者を出して受け取る事の出来る報酬には差があるのです。

それが画像でいう所の直接スポンサーという欄のパーセンテージになります。

これがどういう事なのかというと、例えばプリビレッジのパッケージであれば直接スポンサーボーナスは10%となります。

なので、あなたがAさんを紹介して、そのAさんがベーシックコースのパッケージに参加すると、Aさんを直接紹介したボーナスとして、10,000ドルの10%。つまり1,000ドルが報酬として得られるようになります。

また、AさんがBさんを紹介して、そのBさんがベーシックコースのパッケージに参加したとします。

そうするとAさんが参加するベーシックコースのパッケージでは直接スポンサー報酬が8%なので、Bさんを直接したボーナスとして、10,000ドルの8%。つまり800ドルが直接スポンサーボーナスとして得られるようになるわけです。

ここで、コンプレッションが働き、あなたはAさんがBさんを紹介したボーナスの圧縮として、あなたの10%とAさんの8%の直接ボーナスの差額分、2%の200ドルを受け取る事が出来るようになるのです。

コンプレッションというのは、このように、自分のパッケージのボーナス受け取り可能%が紹介者のボーナス受け取り%よりも大きい場合に、その%の差額分の売り上げが吸いあがってくるという仕組みの事を言います。

報酬をより多く獲得するには効率よくトップアップすればコンプレッションを最大限に利用する事が出来るようになるという事ですね。

バイナリーボーナス

では、バイナリーボーナスについても確認していきたいと思います。

バイナリーというのは元々2進法や2つの値からなるというような意味を持つ言葉で、わかりやすいのは、よくコンピューターに用いられる0と1の世界なんかがバイナリーデータと呼ばれていたり、上がるか下がるかの2つだけを予想する投資をバイナリーオプションなんて言います。

丁半の賭け事なんかもバイナリーですね。

JENCOにおけるバイナリーとは自分のポジションの真下に左右1ポジションずつを配置していくこととなり、

左右の売り上げが一致した時に報酬が入ってくるという事になります。

例として、あなたがプリビレッジ、その下の左右(Aさん、Bさん)がそれぞれベーシック。

そこで、Aさんの下の左右にCさんとDさんがそれぞれプリビレッジで参加したと仮定しましょう。

まず、あなたはあなたの下にAさんとBさんがベーシック(10,000ドル)で参加しており、プリビレッジの報酬受け取りが10%なので、マッチしている10,000ドルの10%である1,000ドルをバイナリーボーナスとして受け取る事が出来ます。

また、Aさんはベーシックなので、その下のCさん、Dさんがプリビレッジ(100,000ドル)で参加しているので、Aさんはベーシックの報酬受け取り%が8%なので、100,000ドルの8%の8,000ドルをバイナリーボーナスとして受け取る事が出来るようになります。

ここで、コンプレッションが働き、あなたはAさんとの差額分の2%を受け取る事が出来るのでCさんとDさんが参加するプリビレッジの100,000ドルの2%の2,000ドルをAさんからコンプレッションされたバイナリーボーナスとして受け取る事が出来るようになります。

このように、直接スポンサーボーナス、バイナリーボーナスにはコンプレッションが働くので、トップアップすればするほどに利益を上げやすくなるという事はわかって頂けたかと思います。

さらなる報酬プラン

さて、JENCOの報酬プランには既に説明させて頂いた直接スポンサーボーナスとバイナリーボーナスに加えてさらにボーナス報酬が存在します。

「ライフスタイル・リワード」

「リーダーシップボーナス」

以上の2つのボーナス報酬が存在します。

これらの報酬を組み合わせる事でさらなる利益を獲得する事が出来るようになるのもJENCOの報酬プランの大きな特徴となっています。

それではこの2つの報酬プランについても確認していきたいと思います。

ライフスタイル・リワード

この報酬プランはパッケージに応じた%のライフスタイル・リワードを受け取る事が出来るもので、そのライフスタイル・リワードを利用してJENCOカタログから豪華賞品と交換する事が出来るようになるというもの。

ちなみにこのJENCOカタログというのはまだどういうものなのかというが詳細は公開されていないのですが、直接スポンサーボーナスとバイナリーボーナスとあわせてこうした報酬を受け取る事が出来るというのも嬉しいものですよね。

具体的な報酬例としては、あなたがプリビレッジのパッケージに参加していた場合にはライフスタイル・リワードは30%と設定されており、例えばあなたがAさんをベーシックコースに紹介する事が出来た場合には、直接スポンサーボーナスは10,000ドルの8%の800ドル。その30%ですから240ライフスタイル・リワード受け取る事が出来るようになります。

また、バイナリーボーナスに関しても例えば10,000ドルのバイナリーボーナスが受け取れたとすれば、その30%として3,000ライフスタイル・リワードを獲得するという事になります。

このライフスタイル・リワードをJENCOカタログの商品と交換する事が出来るようになるというものですね。

まだ具体的な詳細は明らかにはなっていませんが、おそらくJENCOの提示するカタログの内容ですから、相応のものとなっていると予想されますので、こうした報酬プランにも期待が高まりますね。

リーダーシップボーナス

最後はリーダーシップボーナスですが、まずは以下の画像を見て下さい。

画像③

リーダーシップボーナスはこの画像のように7ランクに分かれており、以下の条件を達成すると月に1度報酬が入ってくるというものとなっています。

その条件は以下の通りです。

●バイナリー組織の小さいグループの売り上げが規定されているもの以上であること

●直接スポンサー組織のグループ売り上げが規定されているもの以上であること

●パッケージが規定されているもの以上であること

このような条件を達成すればそれぞれのランクに応じた報酬を獲得する事が出来るようになります。

JENCOの報酬プランは充実している

ここまで見て頂ければわかるように、JENCOには非常に様々な報酬プランが用意されています。

但し、最初にも説明はさせて頂きましたが、JENCOの出資者のマナーとして、無理な勧誘は控えるべきだと思っています。

敷居を高める事でジュビリーエースよりも健全な運用をしていこうとしているのがJENCOの特徴の一つとも言えると思います。

決して無理な勧誘はせずに、出資者としてのマナーとモラルを守った健全な運用を心がけるべきでしょう。

jencoを始める

JENCOを始める事で得られるメリット

JENCOを始める事で得られるメリット

JENCOを今始める事には大きなメリットがあります。

その中で最も大きなメリットとなるのはやはり先行者利益を狙えるという点だと思います。

JENCOでも引き続き紹介制が適用されます。その為、早めに参入する事で得られる収益は後発の参入者に比べて非常に大きくなっていきます。

失敗やデメリットはあるのか?

100万円という最低出資金は決して低いハードルではありません。

しかしその分、JENCOでは中途半端な参加者をふるいにかけ、本気で稼ぎたいという人を募っています。

JUBILEE ACEの時にはそういった方のせいで批判的な意見もありましたが、JENCOでは本気の人があつまる為により健全に、資産運用に取り組む事が出来るようになります。

まさに始めるなら今と言えるのではないでしょうか。

jencoを始める

運営会社の評判は?

運営会社の評判は?

JUBILEE ACEには悪評もありました。

しかし、そういった書き込みをするような人は実際にJUBILEE ACEを利用していないような人がほとんどです。

独自に開発されたAQUAシステムは既に決して損をしない取引を確立しているし、JENCOではさらにそのシステムが進化し市場規模も拡大する事になります。

運営会社による実際のバイナンスでの取り引きを公開した動画やセミナー、ウェビナーも開催されています。

多くのメディアにも取り上げられており、国際規格も取得しているような会社が怪しいはずがありません。

JENCOに関しては安心して利用する事が出来ると言えるでしょう。

jencoを始める

JENCOに期待する口コミの数々

JENCOに期待する口コミの数々

既にJENCOの運用開始に期待する事はネット検索などでも沢山あります。

その一例を紹介します。

■ジュビリーエースでは組織化を成功させて月に数十万円の安定した利益を上げられるようになりました。

既にその資金をJENCOの出資金に回して新たな組織化の準備も万全です。

これから今まで以上にガンガン稼いでいくのが楽しみです。

■ジュビリーエースを知るのが遅すぎた・・・。

も今回は先行者利益を得られるように運用開始から頑張っていきたいと思います。

■JUBILEE ACEでは特に何もせずとも資産を倍に増やす事が出来ました。

完全にシステムに任せっぱなしで稼げるし、JENCOのシステムは更なる改良がされているとの事なので今から運用が楽しみです。

多くの人がJENCOに対して大きな期待を寄せている事がわかりますね。

jencoを始める

おわりに

おわりに

JENCOは優れたAIによる安定した資産運用が出来ます。

完全にオートでも可能なので副業としての取り組みとしても抜群。

また、紹介制を利用すればかなりの利益も上げる事が出来るようになります。

僕も今から楽しみでなりません。

これまで知らなかったという人も是非、これを機にJENCOへの取り組みを始めるべきだと思います!

jencoを始める