ジュビリーエースの限度額

ジュビリーエースの限度額

こうしてジュビリーエースからJENCO(ジェンコ)へと次なるステージにステップアップするには理由があります。

そこで、ジュビリーエースの制度に関して確認し、なぜこれから展開されるJENCO(ジェンコ)に期待が高まるのかという事を見ていきたいと思います。

jencoを始める

出資限度は5億ドル?

実はジュビリーエースでは出資額の限度を5億ドルと定めていました。

しかし、思った以上に多くの人による運用がされた事や、システムの安定性により、予想以上の速さで5億ドルに到達してしまったとの事。

そこで、ジュビリーエースでは出資額の限度を7億ドルにまで引き上げたのです。

しかし、これについても創業者のボビーによるZoomのウェビナーにて、今年の12月には達成するとの発表がありました。

さらには、コロナの影響によってジュビリーエースへの関心がさらに高まり、最終的には約8億ドル以上が出資限度額と定められたのです。

この限度額への到達を果たした事から、ジュビリーエースは次なるステージとしてJENCO(ジェンコ)を発足する事となりました。

限度額に到達したら利益は見込めないのではないか

ここで不安になってしまうのは、これまでジュビリーエースを利用してきたという人。

限度額に達したからってジュビリーエースを引き上げるのではないかと思われるかもしれません。

結論を言えば、もちろんそんな事はありません。

但し、ジュビリーエースでの組織化はJENCO(ジェンコ)の移行が完了すると無くなります。

つまり、これ以上ジュビリーエースの組織の拡大は無くなるという事です。

でも出資金の3倍保証は残るので安心して下さい。

それだけの資金の準備は確立されているので、ジュビリーエースの利用者もちゃんと3倍の利益になるまでの保証を受ける事が出来ます。

ジュビリーエースの運用益の使われ方

JENCO(ジェンコ)ではどういった運用がされるのかも気になりますよね?

まずはジュビリーエースで稼いだ運用益、そして、安定して利益を生み出す事の出来るシステムAQUAシステムは一般への売却が検討されているとの事です。

そこで、AQUAシステムの売却益などをこれから展開されるJENCO(ジェンコ)では運用費として利用していく事となるのです。

事業の拡大の基本的な形ですね。

既にジュビリーエースによってそのシステムは確立しており、更なるAIの進化や市場規模の拡大という事で、JENCO(ジェンコ)の利益には期待しかありません。

jencoを始める
TOPページを見る